読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々事 one

毎日の出来事を 犬と こどもと

MENU

小さな子供連れでも、飛行機を楽しむ!?〜ANA国内線プレミアムクラスにて〜

 f:id:vtanak:20170410084424j:plain

 3歳児を連れて飛行機移動

チビちゃんと2人で飛行機に乗ることになりました。

少しでも心穏やかに子供と二人旅をしたい、、、旅行記とともに何かのお役に立てば。

G.Wの家族旅行前に一読してみてください。

 

 

昨今の世知辛い世の中、、、様々な意見や情報が溢れていますが、

生活スタイルや考え方が多様化する世の中、コレといったルールや正解など無く、許容範囲は各々の良心に委ねられているのでしょう。

 

そしてその良心たるや、、曖昧…。

ほんとはみんな良い人なんだよ、と思いたい。

 

 

「小さい子供を連れての公共の場」・・・クリアできるかドキドキのちょっとしたミッションです。飛行機のみならず、電車やショッピングも然り。

 

家族旅行や子供2人を連れての旅行は何度もありますが、チビちゃんと2人は今回が初めて。

上の子は新生児の頃から、飛行機に乗ることが多く(里帰り出産だった為)、聞き分けも良かったので、何の苦労やストレスを感じた事もありませんでした。むしろ、主人も仕事が忙しく同行できないため、小さい子供と二人で車、飛行機、新幹線、軽々と出掛けていた記憶。

 

 

下のチビちゃんは…結構ひどい、、、いや、すごい。

あー、、子供とはこういうモノか…と思い直すほど

落ち着きがない

言う事を聞かない

声が大きい

ぐずると止まらまい

 

 

 下のチビちゃんが初めて飛行機に乗ったのは国内線で生後6ヶ月。国際線8ヶ月。

今思えば、まだこの当時は良かったんです。ミルクを飲めば寝てくれましたので。

母乳育児だった為、最悪ケープなどで覆いおっぱいをあげたり、席を立って周囲に謝りながらあやしたり・・・。

止むを得ず乗った乳児期ですが、何度もハラハラドキドキしながら航空会社のお世話になり、飛行機を利用して来ました。

 

 1.飛行機の航空券、子供料金はいつから?

 チビちゃんは今3歳です。

子供料金の規定ってややこしいイメージで、きちんと調べたことはありませんでした。国内線、2歳までは「無料」のイメージだったので。

けれど、航空会社の料金って大人料金であっても複雑で金額に差がありますよね。

逆に子供料金の方が、明解かもしれません。

 

航空券の子供料金は、「国際線」「国内線」「幼児」「小児」などの組み合わせで料金が異なってくるため多少複雑化します、

以下に軽めにまとめてみました。

※航空会社によって規定が異なります。大手航空会社とはANAJAL等です。

 

 

1−1.国内線の年齢と料金

【年齢の区切り】

幼児と小児の区切りは何歳からでしょう?

大手航空会社の場合(ANAJAL等)

幼児:搭乗日の年齢が生後8日~3歳未満
小児:搭乗日の年齢が3歳~12歳未満

LCCの場合
幼児:搭乗日の年齢が生後8日~2歳未満
小児:設定なし

 

 【航空運賃】

幼児と小児で料金はどのくらい違うのでしょう?

「幼児」の場合、大人の膝の上に抱っこするか、座席に座らせるかによって変わってきます。

☆抱っこの場合(幼児用に座席を用意しない場合)

大手航空会社、LCC共に、
同伴者1人(12歳以上)に対し幼児1人を膝に乗せれば無料です。

※仮に、同伴者が1人で幼児が2人の場合、幼児1人を膝に乗せれば1人分は無料ですが、

もう1人分については座席を用意しなければいけませんので、大手航空会社では普通運賃の50%、LCCでは普通運賃を支払うことになります。

☆幼児用に座席を用意する場合

大手航空会社では、普通運賃の50%を払う必要があります。
※割引運賃で航空券を買った場合(早割系など)も、正規の運賃の50%引きとなり、
場合によっては、大人運賃(割引価格)と同等の値段になることもあります。

LCCの場合は、「小児」の区分がないので、普通運賃を支払う必要があります。

 2歳以下の幼児、乳児を座席に座らせる!?と考えてしまいますが、規格が合えばチャイルドシートを持ち込み座席に設置することが可能のようです。あまりに小さい乳児で長時間移動の場合は、安全面においても親の負担面でも良い選択ですよね。

 

「小児」の場合

大手航空会社では、普通運賃の50%割引
場合によっては、大人運賃(割引価格)と同等の値段になることもあります。

LCCの場合は、「小児」の区分がないので、普通運賃を支払う必要があります。

 

1−2.国際線の年齢と料金

【年齢の区切り】

大手航空会社の場合(ANAJAL等)

幼児:搭乗日の年齢が生後8日2歳未満
小児:搭乗日の年齢が2歳~12歳未満

LCCの場合
幼児:搭乗日の年齢が生後8日~2歳未満
小児:設定なし

 なんと!国際線においては、幼児の区分が2歳までになります。要するに2歳までは、膝の上に抱っこすれば無料ということですね。これを考えてなのか、2歳未満の小さい子を海外旅行に連れていく家族が多いのようです。

 

【航空運賃】 

大手航空会社(ANAJAL等)では、普通運賃の75%を払う必要があります。
LCCは、国内線と変わらず普通運賃が発生します。 

 

 

長くなりましたが上記より、

3歳のチビちゃんは、国内線に乗るため座席が必要で、航空運賃として、小児運賃(普通運賃の50%)かかる

ということでした。

 

2.プレミアムシートを予約 

我が家はマイルを貯めています。飛行機に乗る機会はそれほど多くありませんが、貯まるものは貯めようと頑張っています。

今回、主人に予約を頼んだところANAプレミアムクラスを購入してくれました!

「早割運賃」でお得に購入できたこと、

マイルを貯めるためにもプレミアムクラスで購入するのがベスト、

ということでいざ、今回はチビちゃんと2人でプチ贅沢国内旅行です(笑)

 

ちなみに、このプレミアムシート料金は早割で普段より安価で購入しましたが、お財布の現金は一切使わずの超お得方法で購入しています。旅行好きの方は皆さん周知のことと思いますが、「ポイントシステムでマイルを貯めて航空券!」の購入方法です、後述しますので興味のある方はどうぞ。

 

3.ANAラウンジとプレミアムクラス

今の国内線航空券はとても便利ですね。skipサービスというモノですが、

f:id:vtanak:20170410132454p:plain

マイレージ会員でチケットを予約購入をすると、「eチケット」と言われる、電子チケット?が携帯に届きます。私はiPhonを使用していますが、Walletというアプリに上記のチケットが2人分届きました。

 

!これだけです!

予約の確認も、当日の「搭乗手続き」も不要です。携帯さえ忘れないで(充電切れも!)空港出発ロビーに行けばOKです。

今までも、この機能知ってはいましたが、、、どうもIT端末に不慣れで使用したことがありませんでした・・・。

最近よく飛行機に乗っている主人が得意げに、便利さを教えてくれました。

 

その他、チビちゃんと飛行機に乗る上で大切な事前準備として、、、

3−1事前準備1・飛行機に乗る当日まで、チビちゃんに言い続ける!

「チビちゃん、飛行機にいい子で乗れますか?」

「もう3歳だものね、大きな声をださないお約束出来ますか?」

「エライね、いい子だね」

などと、事あるごとに約束。

まず、「飛行機に乗るのがとても楽しみだね」と暗示(笑)。

次に、「お母さんと二人だけだよ、楽しみね。いい子にしようね」と乗るのは二人だけだと認識。

そして、「大きな声はダメね。歩き回るのも、泣き止まないのもダメだけどできる?」ダメな事を可能な限り伝えておく。

 理想論かもしれませんが、3歳になると、こちらが伝えたいことの熱量の半分くらいは伝わるようと思います(笑)。何度も、何度も根気よく伝えました。

3−2事前準備2・ここぞ!という時おとなしくなる、道具(おもちゃ)の用意!!

これは、かく子供によって異なると思います。うちは「動画」です。

上の子の時は「動画を持ち歩く」という概念がありませんでしたので、絵本やお絵描き、お菓子、などでなんとかなっていましたが、

ついつい、頼ってしまいます・・・。あまり良くないな、と思いつつも。

普段から、ダラダラと見せているわけではないので、ここぞと言った時見せてあげると食いついてきます・・・。そして観ている間はすごくおとなしいです。(怖いくらいです)

どうしてもの外出時はyoutube等の動画を見せていますが、通信料が高い・・!ショッピングモール等の無料Wi-Fiでは、動画を見るほどの通信速度は用意されていないことが多いです。

そして、飛行機の中ではWi-Fi使えない・・。

実はJALは国内線の機内Wi-Fiは無料で使用できます。しかし最近JALに乗っていないので動画まで見られるのかわかりません・・・。

ANA国内線にあっては、機内Wi-Fi提供があるものの有料です・・。

 

そこで・・・Amazonプライムビデオです!!

みなさま、なんやかんや買い物等でAmazon使ったことありますよね。私も利便性重視でよく買い物させていただいています。

送料や、お急ぎ便が無料になるメリットだけで、Amazonプライムに入会し早数年・・3回ほど、プライムビデオ見たかな?状態でした。時間もないしね。

 

ところが、このAmazonプライムビデオ」にはダウンロードという機能があり、一度ダウンロードした動画(映画や、アニメ)はオフラインで視聴可能です。

ダウンロード数や、視聴期限等に制限はありますが、

オフライン状態の飛行機の中で、子供を夢中にさせるには十分な機能です!!

ダウンロードの方法等詳細は別ページで詳しく記述しますが、

今回は、iPad にキッズ向きアニメをたくさんダウンロードしていきました。

 

hibigoto-one.hatenablog.com

 

 3−3.保安検査場とANAラウンジ

「せっかくプレミアムクラスに乗るのだから、ゲートの中に入ってANAラウンジでゆっくりした方がいいよ。」と主人。

出発ゲートでのお別れの時間もそこそこに、早く早く保安検査場を通らせようと急かしてきます・・・。

主人は、最近プレミアムクラスに乗ることが多いので、いつも一人でラウンジを堪能しているらしく、その贅沢感を我々にも十分に味わって欲しいようです。

小さいお子様がいらっしゃる方は、わかると思いますが、チョロチョロするチビちゃんと二人きりより、人数多い方が楽なんですけどね・・・。

 

急かされつつも、プレミアムクラス専用保安検査場を通り、主人と中学3年生としばし「バイバイ」です。 

f:id:vtanak:20170410182357j:plain

検査場も混雑なく、いい子でスルー。入ってすぐのエスカレーターに乗り、ANAラウンジへ。

 

f:id:vtanak:20170410182706j:plain

この待ち時間にも、大活躍のiPad

飲み物がフリーなので、親はしばし休息の一杯🍺

f:id:vtanak:20170410182719j:plain

写真が下手でごめんなさい。ANAラウンジはもっとラグジュアリー感漂う空間です・・雰囲気はANAのホームページ等でご確認ください・・。 

 

ラウンジ内は結構人も多く、子連れの方も多くいらしたのでチビちゃんのことでハラハラすることはありませんでした、ホッ。しかし、子連れは子連れ。チビちゃんのジュースを持って来たり、いい子で座らせたり、なんだかんだで慌ただしく過ぎた時間でした・・・。主人の言う通り、なるべく時間の余裕を持ってラウンジでゆっくりするべきでした。

 

3−3.さあ、いよいよ閉ざされた空間、機内へ・・・

手をつなぎ、動く歩道を楽しみ

チビちゃんへの不安とともに、子ども連れのゆっくりペースで機内へ向かいます。

離陸後の、ベルト着用サインが長引くかもしれないので、きちんとチビちゃんのトイレも済ませます。

「トイレは飛行機に乗ってから連れて行けばいいや」などと甘く考えてはいけません!案外、ベルト着用サインが消えるの時間かかるから!!

本当に、小さい子をつれての行動は時間に余裕が大事ですよね。わかっているけど、いつもなんでもギリギリです・・。

 

優先搭乗、ありますね。

どんなに高い金額の席だろうと、プレミアムクラスだろうとダイアモンドなんとか・・だろうと、「お手伝いの必要なお客様、2歳までの小さなお子様をお連れのお客様、妊娠中のお客様」が優先です。

そう、今まで2歳以下だったのでメンバーズ優先よりも、さらなる優先搭乗で機内には案内されていたのです。

が、利用したことがありません。

最初の人が乗り始めて、最後のお客様が乗り終えるまで結構時間かかります。赤ちやんを連れて早くに座ったとしても、ずーと横を人が行き来しザワザワしていて落ち着きません。座ったままの狭い空間で、いつ泣き出すか、ぐずらないかハラハラする時間が長くなるだけの気がするんです。やっと寝た赤ちゃんなんて抱っこしてたらなおさらです。

 

最近は搭乗終了時間が短く(きっちり)なりましたが、以前は時間にルーズな乗客を乗せるため結構待ちました。

ある時、2人組の乗客待ちでかなり長い時間待たされた挙句、遅れて乗り込んできて席に着いた乗客が(ただでさえ白い目で見られているのに)「もう一人がまだ来ないなら降りる!」と言い出し、乗務員の制止も聞かず出発準備中の飛行機から降りていました・・・。(もう一人の乗客を待っていたため、まだドアは開いていました)

斜め後ろの席で一部始終を見ていて、膝の上で寝ている赤ちゃんが起きないかハラハラし、あまりに自分勝手な乗客にかなり「・・・💢」としたのを覚えています。

 

なるべく機内の狭い空間で、周囲の人に迷惑をかけないように考えると

搭乗口前で動きながらあやしている方が楽な場合もあるので、いつもなるべく最後の方で乗ります。迷惑のかからない範囲で。

 

ということで、今回もせっかくのプレミアクラスなのに最後に搭乗。

人より少し多くお金を払ってその対価を得るためにプレミアムクラスに乗る他の乗客に、子供の騒声で迷惑をかけてはいけない気がします。

・・・しかし、こっちだって少し多くの金額でそのクラスの席を購入したのだから条件は同じだ、とも思います。(お互いを思いやり心で、ですね)

f:id:vtanak:20170411150307j:plain

 はい、いい子で着席。シートベルトも自分でカチリ!写真もパチリ!

 

そして・・・

 

f:id:vtanak:20170411150320j:plain

速攻、最終手段iPad を見はじめます・・・。

Wi-Fiは使用できませんが、ダウンロードしていたAmazonプライムビデオがとても役に立ちました。トーマスやおさるのジョージなど短いお話を数話分ダウンロードしておくと、選ぶ楽しさで飽きずに時間を過ごせます。

 

f:id:vtanak:20170411150352j:plain

軽食も提供していただきましたが、

これに関してチビちゃんの分はお断りすればよかったかな・・・と思っています。

もともと食にあまり興味のないチビちゃんで、さらにiPadを見ていると、全く手をつけません。

せっかくだして頂いたので、隣から手口を拭いたり、食べさせたり食事の世話をしたのですが、、

プレミアムシートってプライバシー重視タイプ?真ん中に仕切りがあるんです。食べさせにくい!!

まだ上手に食事ができるまでは食事中目が離せないため、国内線の短いフライト時間、自分の食事をゆっくりする時間がないんですね・・・。

もともと軽食ですし、大人の分を少し上げる程度で十分でした。(と言いながら、ちゃっかり飲んでいるのですが🍷)

 

あたふたと、ゆっくりプレミアムクラスを堪能する時間もないまま着陸態勢に入りシートベルト着用サイン。

小さい子供は気圧の変化で耳がおかしくても上手に耳抜きできません。離着陸時にはいつも、子供にアメを舐めさせます。

用意し忘れた場合は乗務員さんに伝えると、何個かパッキングしているアメをもらえます。

騒ぐこともなく、とっても躾の行き渡った子供みたいに(笑)無事目的地に到着しました。 

 

結果、プレミアムクラス!小さい子供と乗ってみて、

チビちゃん連れにもとても乗りやすかったです。席が広いので多少ゴロ〜となっても周りに迷惑は掛かりませんし、足を伸ばしても前の席にぶつかったりしません。小さい子は環境に左右されるのか、落ち着いた空間の中にいると、不思議と落ち着いて座っていました・・・。

 

今度から、プレミアムクラスがいいな〜・・・と思いました。

 

しかし当日プレミアムクラスにアップグレードすると、一人9,000円プラスです・・・う〜ん、考えちゃいますよね。今回は上記のように貯めたポイントで購入したのでタダのようなものでした。

 

・・・上の中学3年生は、同じ日に語学研修に出発。

我々を見送った後、主人と羽田国際線ターミナルへ向かいました。

家族バラバラと各方面に飛んで行きました、、、。

 

hibigoto-one.hatenablog.com

 

 

hibigoto-one.hatenablog.com

 

hibigoto-one.hatenablog.com