読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々事 one

毎日の出来事を 犬と こどもと

MENU

星野源 チケット落選メール、偽物?の怪

f:id:vtanak:20170316110637j:plain

落選して、気持ちを切り替え次のステップへのチャレンジをしたにもかかわらず、

星野源さんのライブチケットの話が続いてしまいますが。。。。

 

面白さと怖さを感じたので。

 

 

昨夜 姪が我が家に来まして、

星野源、チケットどうだった?」

私「あ〜( ;  ; )、全部だめだったよ!当たると確信していたのに!!」

 

聞けば、姪の友達の星野源大ファンもYELLOW PASSで落選だったとのこと。

近場で当選者がいないね〜、

そんなにすごいんだ!?星野源

 

ジュースを飲みながらそんな会話をしていると、姪が

「でも、星野源の落選メールがすごいんだってね。」

 

私「????」

  「なにそれ? 〜厳選なる選考の結果〜嘘つけ!みたいな内容の普通のメールだよ?」

 

すると、姪が

「え〜!? ほら、見てみて。こんなの来るんでしょ?」

と自分の携帯から見せてくれたのが、↓の写メ。

     f:id:vtanak:20170316100434j:plain

 

 

見た瞬間、笑った!!

子供に、「なになに?なんて書いてんの?」と言われ、

私「源です、、、、」

って声に出して読んだだけで大爆笑。「ヒロシです・・・」的な(笑)。

 

※ちなみに、上記の画像はこれ以上の拡散を防ぐように「ニセモノ」の加工をしました。加工なしの画像を携帯画面で見ると、ほぼメール。

 

 

私「いやいやいや〜、これ嘘でしょ〜!!(笑)嘘に決まってるじゃん。ってか、画像の時点でおかしくない?」

 

と、談笑。

姪は中学生なんですが、「え〜本物じゃないの〜?」と まるで信じていた様子。

 

気になったので検索してみた

 

とはいうもの、私にも真偽はわからない。私の知らないところで星野源から、こんなに素敵な落選メールが届いているのか!?

なんとなく、口調もラジオの星野源的な感じだし?

 

 

と思い、夜中にネット検索。

便利です、知りたいことはすぐ検索。しかし、この利便さが仇になる・・・。

 

 

 

わかったことは・・・・↓

まず、この落選メールはニセモノ。オフィシャルではないようです。

星野源さんのファンの方々のサイト内の交流で

 

「どうせ落選メールが届くなら、こんな星野源っぽいメールが届いたら落選のショックも多少癒えるよね〜」

 

と、熱心のファンの方が創作したものらしい。

それを見た他のファンの方々も、「素敵!」「もし、こんなメールなら嬉しい!!」と盛り上がり・・・・拡散していくうちに、

抽選結果の日々を超え・・・

「真実味」を帯び、、、

「真実らしい」となり、、、

「真実」

に変化して行ったのでしょう。

 

 

さらに言えば、上記もネットの中で私が知り得た情報で、真偽は不明です。誰かが故意的に流したかもしれないし、本当は特別なファンにこのようなメールが流れていたかもしれない・・・。真実って確認できないのに、情報は一人歩きしてしまう・・・。

 

なんだか、とても怖くなります。

上記の「便利さ」と表裏一体の危うさ

 

 

私を含め「無責任」の蔓延。

自分の発した情報や言葉に、どれだけ責任が取れるのか・・・?再考の必要あり。

 

有益だと思って伝えている情報、もしくは人畜無害な個人の徒然話、広がり出すと 意図しない尾ひれがついてしまう恐怖を感じました。

 

 

また、姪もうちの子も中学生なのですが 例に漏れず

信用しやすいし、情報を拡散しやすい・・・。

 

若いというのは、感受性も豊かで素晴らしい。

幼なさなのか、経験が少ないからなのか不明だけど、

『いい!』と感じたり、『むかつく!!』などの感情に素直すぎるし、それをネット上に放つことを自己表現だと勘違いし、抵抗がない・・・。

 

心配して、我が子には注意ばかりするけれど、携帯を取り上げることはもう不可能・・。親もダメ・・・。

 

 

・・・今時の子供達はそうやって、嘘や真実を見分ける力を育てていくのでしょうか?

やいやい言ったところで、うるさい老害になちゃうのでしょう、悲しきアラフォー。

(周りの中学生が全員、携帯を所持しているわけはないですが、、、)

 

 

ただ、

一度公開されてしまった情報は拡散される、

ということ。

 

願わくば、人を傷つけたり迷惑をかけるようなことにならないよう細心の注意は払いたいな・・・

この、ブログが誰かを傷つけませんように。。。。都合が良いな、と思いつつ願ってしまう、今日この頃。

 

 

hibigoto-one.hatenablog.com

  

hibigoto-one.hatenablog.com

 

hibigoto-one.hatenablog.com

 

 

hibigoto-one.hatenablog.com